鼻ヒアルロン酸注入とは

鼻ヒアルロン酸注入とは

ヒアルロン酸は元々肌にある物質であり、それを注入剤として用います。つまりヒアルロン酸とは、大まかに言えばfiller(注入剤)のことです。注入することによってボリュームを出すことが可能で、鼻に注入することによって鼻を高く形成することができます。
当院は鼻のヒアルロン酸注入にクレヴィエルコントアを使用しています。

鼻ヒアルロン酸注入(クレヴィエルコントア)
の7つの特徴

  • 01世界初!
    鼻・アゴ専用のヒアルロン酸製剤。

    レスチレンなど、従来のヒアルロン酸製剤はヨーロッパで開発されたものが多く、そのコンセプトはほうれい線などのしわの改善や頬などのボリュームアップを目的としていました。そのため、主に東洋人特有のニーズである鼻を高くしたり、アゴを形成したりすることには不向きと言えました。このことから、鼻に繰り返し注入すると、横に広がる「アバター顔」になってしまうというリスクを抱えていたのです。
    しかし、クレヴィエルコントアは、鼻・アゴに特化した専用のヒアルロン酸製剤であり横に広がらず、形を維持することが可能です。
    そのため、非常にシャープな仕上がりになります。
    鼻ヒアルロン酸注入(クレヴィエルコントア)の7つの特徴
  • 02高濃度・高密度のヒアルロン酸

    クレヴィエルは高濃度・高密度(50mg/ml)です。
    従来のヒアルロン酸製剤の濃度がだいたい20~25mg/mlと考えると2~2.5倍の濃度で、形をキープしやすく持続期間も長いです。
  • 03最も腫れにくい!

    従来のヒアルロン酸製剤だと、注入後に水分を引っ張ってきて、多少注入部が腫れてしまうことがあります。
    しかし、クレヴィエルは吸水性が低く注入後に腫れにくいというデータがあります。
  • 04安全性が高い

    ヒアルロン酸は体内にもある物質なので安全です。
    ただ、通常はすぐに分解されてなくなってしまいます。
    そのため、注入用のヒアルロン酸製剤には架橋剤といって化学物質を添加して分解しにくくしています。この架橋剤が少なければ少ないほどアレルギーが少なく安全です。
    クレヴィエルは従来のヒアルロン酸製剤と比べてこの架橋剤の量がとても少なく、純度が高いヒアルロン酸製剤で安全性が高いです。日本においては4万本を超える実績でアレルギー反応などは起きていないと言われています。
  • 05持続期間が長い(12〜24ヶ月)

    従来のヒアルロン酸製剤は持続期間が4〜6ヶ月程度のタイプが多かったですが、クレヴィエルは持続期間が12~24ヶ月と言われています。
  • 06最新のテクノロジーで製造されている

    世界で最も使用されているヒアルロン酸製剤である「レスチレン」は1995年頃に製造されました。一方、FDA承認・厚生労働省承認のヒアルロン酸製剤である「ジュビダーム」は2000年頃の製造です。
    しかし、クレヴィエルが発売されたのは2013年頃でありとても新しい製剤です(日本発売は2015年頃)。従来のヒアルロン酸と比較して最新の技術で製造された高品質な製剤ということが分かります。
  • 07ヒアルロン酸溶解剤で溶かしやすい

    クレヴィエルは高濃度のヒアルロン酸製剤ですが、ヒアルロン酸溶解剤(ヒアルロニダーゼ)ですぐに溶けます。
    長期持続のヒアルロン酸製剤でありながら簡単に溶かすことができるというのは大きな利点です。

鼻ヒアルロン酸注入の症例写真

鼻ヒアルロン酸注入の症例写真
鼻ヒアルロン酸注入の症例写真
鼻ヒアルロン酸注入の症例写真
料金 モニター価格4万4,000円
副作用・リスク 腫れ:2~3日くらい
内出血:1~2日くらい

鼻ヒアルロン酸注入Q&A

Q.鼻ヒアルロン酸注入のダウンタイムは?

注射ですので腫れや内出血のリスクがあります。
腫れは施術直後でも全然気にならない程度だと思いますが、完全になじむまでには1週間程度かかります。

鼻ヒアルロン酸注入の詳細情報

施術時間 5分
クレヴィエルの持続期間 12〜24ヶ月
ダウンタイム なし〜数日
洗顔・メイク・シャワー・入浴・コンタクト 当日から
リスク 腫れ・内出血・左右差

鼻ヒアルロン酸注入の料金

種類 定価 モニター価格
クレヴィエル 1cc 5万4,000円 4万4,000円

切らない鼻先縮小術とは

「切らない鼻先縮小術」は鼻先に2ヶ所、鼻の穴に2ヶ所針穴を開けて、糸を結び鼻先をしばる施術です。
糸を結ぶことによって鼻の軟骨(大鼻翼軟骨)が寄ります。
鼻の軟骨(大鼻翼軟骨)が寄ることによって、余分なスペースが減り鼻先が細くなります。
つまり、切らずに鼻先を整えることができる施術ということです。
そのため、「ダウンタイムはとれないけれど、自然な仕上がりにしたい」という方から比較的人気が高いです。

切らない鼻先縮小術
の6つのメリット

  • 01鼻先を細くできる。

    鼻先を細くしたい場合、大掛かりな手術をすることが一般的です。
    そのため、切らずに糸で結ぶことによって鼻先を細くできるということは大きなメリットと言えます。
  • 02鼻先が少し高くなる。

    仕上がりとしては鼻先が細く高くなります。
    ヒアルロン酸は鼻先に注入することができないため、鼻先を高くできるということは大きな特徴です。
    また切らない鼻先縮小術の組み合わせとして、鼻根部や鼻筋部にヒアルロン酸を注入するという方も多くいます。
  • 03切らない。

    切らないので、手術に抵抗のある方も比較的受けやすい施術と言えるでしょう。
  • 04腫れや内出血のダウンタイムが少ない。

    切らない施術ですので、ダウンタイムは少ないです。
  • 05施術時間は10分程度。

    切らずに糸で鼻先を結ぶだけですので10分程度で終わります。手軽に受けることのできる施術です。
  • 06仕上がりが気に入らないときは抜糸して元に戻すこともできる。

    糸で結んでいる施術ですので、抜糸をすれば元に戻すことも可能です。 そのため、安全性が高い施術と言えるでしょう。

切らない鼻先縮小術の症例写真

切らない鼻先縮小術の症例写真
料金 モニター価格10〜20万円
副作用・リスク 腫れ:3日~1週間くらい
痛み:数日間軽い痛み、内出血:1~2週間くらい

切らない鼻先縮小術Q&A

Q.切らない鼻先縮小術のダウンタイムは?

ダウンタイムは比較的短い施術です。腫れ・内出血・針穴などのダウンタイムは以下の通りです。

【腫れ・内出血】
腫れのピークは施術直後です。数日で腫れはほとんど引き、1週間で完成です。内出血が出ることはほとんどありません。
施術直後でも腫れが少ないことがこの施術の利点ですので、翌日や翌々日に仕事や予定がある方も受けることが実際に多いです。

【針穴】
施術直後は針穴ができ、数日~1週間程度赤みが残ります。また、針穴は少し凹みが出る場合があります。
ただ、いずれにせよ1週間でほとんど目立たなくなります(1ヶ月程度多少の赤みが残ってしまう場合もあります)。

Q.何日間のお休みで大丈夫?

「施術日だけの1日」のお休みで基本的には大丈夫です。
腫れなどが心配な方は「施術日+2日間」の合計3日間のお休みをとって、施術を受けるのが良いと思います。
(もちろん、お仕事や日常生活は様々な背景があるかと思いますので一概には言えません。経過には個人差があります)

切らない鼻先縮小術の詳細情報

施術時間 10分
ダウンタイム 数日
洗顔・メイク・シャワー・入浴 当日から可能
リスク 腫れ・内出血・左右差・針跡

切らない鼻先縮小術の詳細情報

種類 金額
スタンダード 25万円
ハイパー 40万円

切らない小鼻縮小術とは

切らずに糸を用いて小鼻をしばります。
小鼻をしばることで、小さくすることが可能です。
また、仕上がりは1mm単位で調整することができます。

切らない小鼻縮小術
の5つのメリット

  • 01小鼻を小さくすることができる。

    糸でしばるだけで小鼻を小さくすることができます。また、仕上がりは1mm単位で微調整することが可能です。
  • 02切らない。

    皮膚を切らないため、手術に抵抗のある方も受けやすいかと思います。
  • 03ダウンタイムが短い。

    ダウンタイムは比較的短いです。
    また、施術直後は過矯正でありツッパリ感を感じる場合もありますが、1週間もあればなじみます。
  • 04施術時間は10分程度。

    短時間で手軽に受けることができます。
    そのため、「ダウンタイムはとれないけれど、自然な仕上がりにしたい」という方から人気の施術です。
  • 05抜糸して元に戻すことができる。

    万が一仕上がりが気に入らなかったときは、抜糸して元に戻すことも可能です。

切らない小鼻縮小術の症例写真

切らない小鼻縮小術の症例写真

切らない小鼻縮小術Q&A

Q.美しい小鼻の大きさは?

「鼻は存在感がない鼻が美しい」「美人の忘れ鼻」と言われるように、実は鼻以外のパーツとのバランスが重要です。中でも一番大切なのが、目とのバランスです。

最も美しいとされている小鼻の大きさというのは、目と目の間の距離(内眼角距離)と同じとされています(レオナルド・ダ・ビンチが提唱したと言われています)。
そのため、どの程度小鼻を小さくするべきか、美しい小鼻の大きさを考える際には、「目と目の間の距離と同じくらいにする」ということを基準に考え、シミュレーションを行い1mm単位でベストの選択をすることが大切です。

Q.切らない小鼻縮小術のダウンタイムは?

ダウンタイムは比較的短い施術です。
腫れ・内出血・針穴などのダウンタイムは以下の通りです。

【腫れ・内出血】
腫れのピークは施術直後です。
翌日には腫れはほとんど引き、1週間で完成です。
内出血が出ることはほとんどありません。
施術直後でも腫れが少ないことがこの施術の利点ですので、翌日や翌々日に仕事や予定がある方も受けることが実際に多いです。

【針穴】
施術直後は針穴ができ、数日~1週間程度赤みが残ります。
ただ、針穴は小鼻の横ですので基本的には目立ちにくいところです。
いずれにせよ1週間でほとんど目立たなくなります。
(1ヶ月程度多少赤みが残ってしまう場合もあります)

Q.何日間のお休みで大丈夫?

「施術日だけの1日」のお休みで基本的には大丈夫です。
腫れなどが心配な方は「施術日+2日間」の合計3日間のお休みをとって、施術を受けるのが良いと思います。
(もちろん、お仕事や日常生活は様々な背景があるかと思いますので一概には言えません。経過には個人差があります)

切らない小鼻縮小術の詳細情報

施術時間 10分
ダウンタイム 数日
洗顔・メイク・シャワー・入浴 当日から可能
リスク 腫れ・内出血・左右差・針跡・ツッパリ感
ハイパー スタンダードよりも緩みにくい施術法です。

料金について

種類 金額
スタンダード 25万円
ハイパー 40万円

小鼻縮小術切開法とは

小鼻縮小術は小鼻の皮膚・皮下組織を切りとって縫合し、切りとった分小鼻が小さくなります。
当院では外側法もしくは内側法で手術を行います。

1 小鼻縮小術外側法 2 小鼻縮小術内側法
小鼻縮小術外側法は小鼻の外側(鼻翼外側)から小鼻の付け根(鼻翼内側)のところまで皮膚・皮下組織を切りとることができます。
そのため、小鼻のせりだしを軽減し小鼻を小さくすることが可能です。
小鼻をどれだけ切除できるか(切除幅)は、切除した後にどれくらい小鼻を残すべきかを計算しながら決めていきます。通常、小鼻を切除できる幅は3〜4mm程度が一般的です。
小鼻の付け根(鼻翼内側)から鼻腔底のところまで皮膚・皮下組織を切りとります。そのため、小鼻を小さくすることが可能です。小鼻縮小術においては内側法が最も一般的な術式と言えます。切除幅は3〜4mm程度となることが多いです。

メリット

小鼻縮小術外側法のメリットは小鼻のせり出しを軽減できる点です。
しっかりと変化させることが可能ですが、鼻の穴の大きさはそれほど変わりません。

メリット

傷跡が目立ちません。
また、内側法の方が外側法と比べると小鼻(鼻翼)の横幅を小さくする効果が高いです。つまり鼻の穴の大きさが小さくなるということです。

デメリット

傷跡が目立ってしまうことがあります。
これはどんなに美容外科医が綺麗に縫合しようとしたとしても付きまとうリスクです。
そのため、当院では通常頬と小鼻の境界のところから1mmだけ上に、切開線がくるように切開します。
そうすることで傷が醜状瘢痕として残る確率を減らすことが可能です。
逆に言えば頬と小鼻の境界上に切開してしまうと、醜状瘢痕として残る確率が若干上がります。

デメリット

小鼻(鼻翼)の横幅を小さくすることができますが、小鼻のせりだしを大きく改善することはできません。

小鼻縮小術切開の症例写真

小鼻縮小切開の症例写真
小鼻縮小切開の症例写真
小鼻縮小切開の症例写真
小鼻縮小切開の症例写真
小鼻縮小切開の症例写真
料金 25~40万円
副作用・リスク 腫れ:2~5日くらい
痛み:1週間くらい
内出血:1~2週間くらい
通院:5~7日後(抜糸)
傷の赤み:1ヶ月

小鼻縮小術切開法Q&A

Q.ダウンタイムは?

小鼻縮小術の腫れは数日でかなり引きます。1週間もあれば70~80%ほど治まるでしょう。抜糸は5~7日後に必要です。そのため、「手術日+抜糸の日」までの合計6日間のお休みがあれば、基本的に大丈夫な手術です。
(仕事や日常生活の背景は人それぞれだと思いますので、一概には言えません。マスクを付けられる方はダウンタイムが少なくてすむでしょう)

なお、内出血は出るときと出ないときがあり、出てしまった場合は1~2週間かけて吸収されなくなっていきます。
また、傷跡の赤みは1ヶ月間目立ちます(抜糸の翌日からメイク可能です)。
赤みは1ヶ月である程度落ち着き、3~6ヶ月経過すれば、見た目は分からなくなるでしょう。
最終的に、明るいところで間近で見てもほとんど分からなくなりますが、傷跡はゼロにはなりません(外側法よりも内側法の方が傷跡は目立ちません)。
切開による手術ですので、最終的な完成は6ヶ月後です。

小鼻縮小術切開法の詳細情報

施術時間 30~40分
ダウンタイム 1週間
抜糸 5日〜1週間後
洗顔 2日後から
シャワー 当日から(顔を濡らさないように)
入浴 3日後から
メイク 鼻は抜糸後から可能
リスク 腫れ・内出血・左右差・傷跡・感染

料金について

種類 金額
スタンダード 25万円
ハイパー 40万円

鼻先修整術とは

鼻先修整術とは両側の鼻の穴を切開して(鼻柱を切開する場合もあります)鼻翼軟骨同士を縫合し、軟骨同士の余分なスペースをなくすことによって鼻先をスッキリとさせる施術です。
また、同時に鼻先の脂肪などの軟部組織を切除したり、鼻先にオステオポールを移植したりする方法もあります。
鼻先修整術の方法は細かく言えば種類はたくさんありますが、当院では大きく分けると2種類あります。
それぞれの方法についてご説明しましょう。

1 鼻先修整術(close法)スタンダード 2 鼻先修整術(close法)ハイパー
鼻先修整術(close法)でできる傷は、鼻の穴の中だけです。
鼻の穴の中を切開し、剥離していき鼻翼軟骨を露出させます。
左右の鼻翼軟骨を縫合し寄せることで鼻先は細くなり、その分鼻先が少し高くなります。
鼻先修整術(close法)でできる傷は、鼻の穴の中だけです。
鼻の穴の中を切開し、剥離していき鼻翼軟骨を露出させます。
さらに、軟骨上の脂肪組織・軟部組織を切除します。
左右の鼻翼軟骨を縫合し寄せることで余分なスペースがなくなるため、鼻先は細くなり、その分鼻先が高くなるのです。

メリット

傷跡は鼻の穴の中だけなので、目立ちません。
自然に鼻先が細く高くなります。

メリット

傷跡は鼻の穴の中だけなので、目立ちません。
耳介軟骨移植と同じような効果を出すことができます。
自然に鼻先を高く細くすることが可能です。

デメリット

変化としてはnaturalです。
大きな変化はありません。

デメリット

鼻中隔延長術のように鼻先を下を向けることができません。
オーバーな効果を出すことはできません。

鼻先修整術
の4つのメリット

  • 01元に戻らない

    切開による手術であり脂肪も切除するため元に戻りません。
    一生モノの効果を期待することができます。
  • 02傷跡が目立たない

    傷跡はclose法の場合は鼻の穴だけですし、open法の場合も鼻の穴+鼻柱だけですので目立ちません。
  • 03すっきりと細い鼻先

    鼻先の軟骨や脂肪の処理をすることによって団子鼻を解消し鼻先を細く高くすることができます。
    なお術式はその方の鼻の状態によって様々です。
  • 04ダウンタイムが少ない

    通常、傷跡が目立たず腫れも少ない施術です。
    そのため、切開による施術ですがダウンタイムが少ないという特徴があります。

鼻先修整術Q&A

Q.ダウンタイムは?

腫れや内出血などのリスクがあります。腫れの経過はどのような内部処理(脂肪切除、軟骨移植など)をしたかによって異なりますが、数日でかなり治まります。
1週間あれば60~70%程度引き、1ヶ月で90%程度(ほぼ完成)、3~6ヶ月で完成です。

なお、内出血は出るときと出ないときがありますが、出ないことがほとんどです。万が一、出てしまった場合は1〜2週間かけて吸収されていきます。

Q.何日間のお休みで大丈夫?

最低でも「手術日+1日間」の合計2日間のお休みがあった方が良いでしょう。
(仕事や日常生活の背景は人によって違います。マスクを終日着用できる方であれば、もっと少なくても良いでしょう)
また、固定は必要ない場合も必要な場合もあります。
そのため、固定の有無や固定の期間はクリニックに確認しましょう。

鼻先修整術の詳細情報

施術時間 30~40分
ダウンタイム 数日~1週間
抜糸 なし
洗顔 2日後から
シャワー 当日から(顔を濡らさないように)
入浴 3日後から
メイク 2日後から
リスク 腫れ・内出血・左右差・傷跡・感染

プロテーゼ隆鼻術とは

そもそも隆鼻術とは?

隆鼻術には4つ方法あります。

  • 1.シリコンプロテーゼ
    2.ゴアテックスプロテーゼ
    3.自己組織移植法
    4.ヒアルロン酸などの注入物
    それぞれ利点・欠点があります。

・手軽にやりたいなら→ヒアルロン酸注入
永久的で綺麗な効果を得たい→シリコンプロテーゼorゴアテックスプロテーゼという選択が良いでしょう。
自己組織移植法ですと短期的には良いかもしれませんが、長期的な経過で変形するリスクもあります。
そして、万が一変形した場合は癒着していて取り出すことも難しいため修整は難易度が高いです。
その点シリコンプロテーゼであればリスクは少なく被膜に覆われるため、修整したいときは簡単に取り出すことができます。
そのため、あえてリスクの高い自己組織移植法で隆鼻術をする意味・価値はほとんどないと言えるでしょう。
なお、ゴアテックスプロテーゼは周囲の組織と癒着しており、「修整したいとき、簡単に取り出すことができない」というリスクがあるため、シリコンプロテーゼの方が安全性などの面からもオススメです。

シリコンプロテーゼ隆鼻術
の4つのメリット

  • 01仕上がりの綺麗さ

    鼻根から鼻筋まで綺麗に高さを出すことが可能です。
    また、高さや細さの種類も豊富にあり、オーダーメイドで加工もできるため仕上がりは綺麗です。
  • 02安全性

    近年のシリコンプロテーゼであれば石灰化やアレルギーなどのリスクは低く安全性が高いと言えます。
    仕上がりが気に入らなかったり感染などのトラブルがあったりしたときは、簡単に取り出すことも可能です(ただ、10年以上経過すれば稀に石灰化のリスクがあります)。
  • 03効果が半永久的

    基本的に半永久的に効果は持続します。
  • 04将来的な費用面

    ヒアルロン酸注入を鼻に繰り返すと、トータルで考えた場合に費用がかさみます。
    また、ヒアルロン酸製剤によってはヒアルロン酸注入を繰り返すことで横に広がる「アバター顔」になってしまうというリスクがあります(ヒアルロン酸クレヴィエルだと、アバター顏のリスクはほとんどありません)。

シリコンプロテーゼ隆鼻術Q&A

Q.シリコンプロテーゼ隆鼻術のダウンタイムは?お休みは何日間必要?

シリコンプロテーゼによる隆鼻術の目立つ腫れは3日程度で引き、1~2週間もすれば腫れはほとんど引いています。
そのため、手術から1週間も経過すればかなり安定しているので、運動、岩盤浴、サウナなどは特別問題ありません。
(もちろん、鼻に外力は加わらない方が良いので注意は必要です)

1ヶ月も経過すれば、見た目の上ではほぼ完成です。
ただ、鼻の切開による手術ですので完成するのは組織が柔らかくなってくる3~6ヶ月後です。

その間、うつ伏せ寝など鼻に外力が強く加わることはしない方が良いでしょう。
また、鼻の固定は3日間必要ですが、固定用の棒はマスクで隠れます。
そのため、「手術日+固定期間」の合計4日間のお休みが最低でも必要です。
安静期間なども考えると、1週間のお休みがあるとより安心です。
(仕事や日常生活の背景は人それぞれですので一概には言えません)

プロテーゼ隆鼻術の症例写真

プロテーゼ隆鼻術の症例写真
料金 モニター価格50万円
副作用・リスク 腫れ:2~5日位。
痛み:1週間位。
内出血:1~2週間位。
通院:7日後(抜糸)。
傷の赤み1ヶ月。
稀に左右差・感染のリスク。

プロテーゼ隆鼻術の詳細情報

施術時間 30~40分
ダウンタイム 1週間
抜糸 なし
固定 3日間
洗顔・入浴・メイク 3日後から
シャワー 当日から(顔を濡らさないように)
リスク 腫れ・内出血・左右差・傷跡・感染・石灰化・アップノーズ

スタンダード:オーソドックスなプロテーゼ隆鼻術です。
ナチュラル:シリコンを加工してナチュラルに仕上げるプロテーゼ隆鼻術です。
ハイパー:さらにシリコンをオーダーメイド加工してよりナチュラルに仕上げるプロテーゼ隆鼻術です。

プロテーゼ隆鼻術の料金について

種類 金額
スタンダード 20万円
ナチュラル 40万円
ハイパー 60万円

ルラ式スレッドノーズとは

医療用の溶ける糸を鼻先に挿入します。
そのため、皮膚を切らずに糸で鼻先を形成することが可能です。
鼻先を高くするだけでなく、鼻先を少し伸ばす効果もあります。

ルラ式スレッドノーズの効果の持続期間は?

糸は2年で吸収されるため、大きな効果が得られるのは2年間です。
ただ、数回施術を受けた方は結合組織ができてくるので、効果の持続期間が長くなったり、20~30%の効果は長期的に持続したりします。
2年に1回、施術を受けるのが理想的です。

ルラ式スレッドノーズの症例写真

ルラ式スレッドノーズの症例写真
ルラ式スレッドノーズの症例写真
ルラ式スレッドノーズの症例写真
ルラ式スレッドノーズの症例写真
ルラ式スレッドノーズの症例写真
ルラ式スレッドノーズの症例写真
料金 1本 2万円
副作用・リスク 腫れ:3日~1週間くらい。
痛み:数日間軽い痛み。内出血:1~2週間くらい。

ルラ式スレッドノーズ
の4つのメリット

  • 01鼻先の形状を自由自在に形成できる

    手軽に鼻先を延長したり、細く高くしたりできます。どの程度鼻先を高くするかは挿入する糸の長さや挿入方法によって異なります。
    通常、鼻先にヒアルロン酸の注入はできないため、鼻先を延長させることもできません。
    そのため、この切らない鼻中隔延長術は非常にニーズのある施術です。
  • 02切らない

    皮膚を切ることはなく、施術直後に針穴がつくだけです。
  • 03ダウンタイムがほとんどない

    通常、腫れや内出血は施術直後がピークです。しかし、ルラ式スレッドノーズなら施術直後でも、腫れや内出血はほとんどありません。
    ただ、施術直後は針穴ができ数日~1週間程度赤みが残るためご注意ください。
  • 04施術時間は10分程度

    挿入本数にもよりますが、施術時間は短いです。
    4~8本程度なら、約5分で終わります。

ルラ式スレッドノーズの詳細情報

施術時間 10分
ダウンタイム 数日
洗顔・メイク・シャワー・入浴・コンタクト 当日から
リスク 腫れ・内出血・左右差・糸が出てくる・感染

料金について

ルラ式スレッドノーズ 定価 モニター価格
1本 2万円
6本 12万円 10万円
8本 16万円 12万円
10本 20万円 15万円
12本 24万円 18万円

お問い合わせ

質問や不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話の方
お電話の方

  • 0120-972-676
  • 営業時間/10:00 - 19:00 定休日/不定休

メールの方
メールの方

アクセスマップ