コラム

2019.10.02

二重埋没法のダウンタイムは?二重埋没の腫れ・ダウンタイムまとめ。

二重埋没法とは?

二重埋没法は切らないためプチ整形と言われて手軽な施術です。
二重埋没法は糸でまぶたを結び10〜15分で手軽に二重をつくることができリスクも少なく元に戻すことも可能です。
そのため、日本で最も行われている美容外科手術であり日本だけで年間数万人以上が受けていますね。

二重埋没法の腫れの期間

【手術直後〜翌日】

腫れのピークは手術直後〜翌日の朝です。
これらの大きな目立つ腫れは2日程度です。
この期間は腫れの影響で二重の幅が2倍くらいに見えてしまうこともあります。

【手術2日後〜1週間後】

手術2日後から腫れはかなり引いていきます。
1週間も経過すると70%くらい腫れは引きます。
一番腫れが引いていく時期ですね。
1週間も経過するとまぶたの腫れ・違和感はかなり落ち着いています。
まわりから見ても二重は自然です。

【手術1週間後〜2週間後】

手術1週間後から2週間後もかなり腫れが引いていく時期です。
2週間経過すると微妙な左右差もほとんどなくなります。
見た目上は完成に近いですね。
まぶたのゴロゴロ感を直後感じていた人もこの時期にはもうないでしょう。

【手術1ヶ月後】

腫れもほぼ100%引き二重の完成です。
(術前にシミュレーションした二重の幅になります。)
左右差もないでしょう。
つまり、二重埋没法の腫れは1ヶ月間あるということには注意が必要ですね。



【二重埋没法】
【副作用・リスク】腫れ・内出血、左右差、感染
【施術を行った際の連絡先】03-6278-9099

お問い合わせ

質問や不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話の方
お電話の方

  • 0120-972-676
  • 営業時間/10:00 - 19:00 定休日/不定休

メールの方
メールの方

アクセスマップ